2016年11月25日 (金)

11月の降雪 54年ぶり

11月の降雪 54年ぶり
Sdscf4520
4520
Sdscf4516
4516
夏暑かったので冬は寒いだろうと思ってはいたが 
11月の降雪とは びっくり
Sdscf4508
4508
前日に除雪用スコップ、長靴を用意しましたが
出動するほどではありませんでした
積雪3cm?!
Sdscf4524
4524
わんこの散歩を強行
庭でボール遊びをさせてみました
結構 喜んで雪の中を走り回りましたが
寒いので早々に引き上げ
Sdscf4513
4513
Sdscf4515
4515
雪の翌日の朝
Sdscf4525
4525
昨日近所のチビちゃんたちが遊びに来てました
芝生の雪の上を走り回っていましたが
今朝 そのかわいい 足跡が確認されました
Sdscf4518
4518
丸いのはわんこの足跡です
 
Sdscf4523
4523
 
田舎の子は元気です
子供は風の子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

ミドルソーラー発電開始

ミドルソーラー発電開始 2013,11,26

Smd_007

smd1126 007

東日本大地震の後 
会津の大和川酒造店の9代目佐藤弥右衛門さんが
電力も地産地消すべきだと発言していました

http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/160.html

それに震災後化石燃料発電90%の日本
これではいけない、

http://www.es-inc.jp/insight/2013/ist_id003698.html

電源の多様化、クリーンエネルギーが日本、地球にとって必要なはず

http://www.jpea.gr.jp/knowledge/whynow/index.html

団塊の世代最後の意地を見せたい
(団塊の秋 堺屋太一; 見えと辛抱をなくしてはいけない)

ということで
6月から計画し 7月初め東電に申請
@37.8/KW・20年 の買い取りです

ヤマジョウ大村ソーラー発電所概要

パネル数 208枚(シャープ)
コンバーターは8基
架台は杭仕様
設置角度20度
50KW/H の発電能力
年間予想発電量 60000kw
設置面積 270坪(フェンスで囲んだ面積)
施工 積水ハウス 工事部

パネル設置は9月末完成でしたが 
東電側の工事が混雑していて、2ケ月待ち
先週電柱、電線、盤の設置が終了し
今日から発電=売電開始でした
10時ごろの発電量は 30KW/H
今が一番太陽が低い軌道なので 発電量も少ない
屋根につけた10KWの実績では3-5、7-9月がピークでしょうか
1.8倍になります(日照時間が長い 晴天率が高い、太陽軌道が高い)

施工の状況
整地縄張り

S004

s004

フェンスつくり

S0911_006

s0911006

架台杭打ち込み

Sms16_004

sms16 004

架台完成

Sms18b_018

sms18b013

パネル設置

Sms21_031_2

sms21 031

引き込み電柱・電線工事

S_020

s東電020

s東電026

S_038

s東電038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

エコカー補助金

エコカー補助金

S09docomo_001

10年近く乗ったCAPAをフィットに乗り換え、減税+補助金を
いただくことにしました(利回り12%相当)
http://www.honda.co.jp/green-tax/

その原資でカーポートを3つ建てることに
一つは老犬の雨よけのため
一つは新車フィットのため
一つは倅のエアーウエーブのため

S09yushima_026 S09yushima_023 S09yushima_021 

最近ワックスがけも息が切れるシルバーライダーです

雨除けのカーポートでワックスの寿命を延ばしたい!
不況対策の為工事付き発注をして景気回復のお役立ちをしたい!!
という訳です

補助金は振り込まれる迄3ヶ月かかるらしい!!
迅速にお願いします、
もう使ってしまいましたから!

PS
カーポートの工事をしてくれた工事やさん
大のバイク好き
仕事よりバイク談義が大好き?!
助手の娘さん(奥さん?)に尻を叩かれていました

3つもカーポートを並べるので水平出し、母屋との直角並行出しに
神経を使って建ててくれました。
おかげさまで冬場の冷たい雨にもめげずに済みます

工事やさんのハンドルネーム 「赤毛親父」
http://blogs.yahoo.co.jp/fmhry199/7478395.html
トライク(三輪車)にのめっているようです

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

杏ジャム アプリコット

     杏ジャムSimg_0085Simg_0094Simg_0060Simg_0062

  ++++++++++++++++++++++++++++++

今年の春にも杏の花が一杯咲きましたので、きっと大収穫!
と思いきや ここ20年で最悪,不作。

実が20個前後しか取れません
やっと作れたジャムはこれだけ。

Ssnblive_029

06年はこんなに作れたのに

http://www.kaimu.jp/creating/anzu2003/anzu2003.html

環境悪化!?
・地球温暖化の影響でつくば近辺では杏の生育に適さない
・ミツバチが少なく受粉しなかった
・木の枝が大きくなりすぎ 実に栄養が行かなかった

そこでシルバーライダーは枝をつめるため、三脚に乗り枝打ち。
燕三条製の切れ味のよいのこをもってしても、直径10CMはつらい。
つめた後の枝燃やしもたいへん。
汗びっしょりですが、
夏椿(沙羅双樹)の白い花が慰めてくれます

   

Simg_0087_2

Simg_0083

Simg_0096

Simg_0089

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Simg_0079

Simg_0091

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ps
杏の生育条件平均気温は15度c以下とか?
http://www.kudamononavi.com/zukan/apricot.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月21日 (月)

炭素税

Title_img

不都合な真実
http://www.futsugou.jp/

民主党はガソリンにかかっている道路整備の為の税金を廃止するように迫っています
「ガソリン暫定税値下げの是非と、道路特定財源の使い方について」
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12537

確かにガソリン代が下がるのは嬉しい。
無駄な道路造りをしている現状も許しがたい。
でもそんな近視眼的発想でよいのか!
いつまでもガソリンに頼っている交通システムでよいのか?
むしろその税金を道路財源にするのではなく、
スウエーデンのように炭素税の税源にして

財源を水素エンジン、電気自動車、エタノール自動車の開発に
使うべきなのではないのか!!

Crsm0000000001

Crsm0000000001_2 http://www.carview.co.jp/news/0/21585/

http://corism.221616.com/articles/0000036964/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20日のTBSサンデーモーニングではよい議論をしていました。
金子 勝(かねこ まさる、1952年 - )慶應義塾大学経済学部教授。
専門は、制度経済学、財政学、地方財政論。
「日本が環境立国として舵を切るための財源にするべきだ」

炭素税とか、環境税とか、CO2オフセットとか似て非なるものが

炭素税
http://www.jacses.org/paco/carbon/whatis_carbontax.html

環境税(環境省の構想)
http://www.env.go.jp/policy/tax/know/02.html

CO2オフセット(相殺)
http://www.vivo.jp/project/index.html

ブルー&グリーンプロジェクト(財ベターリビング)
http://www.cbl.or.jp/bluegreen/index.html

身の回りの小さなCO2削減のヒントは!
ストップ温暖化館
http://www.jccca.org/ondankan/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

安井至  環境問題

国連大学副学長
昭和43年 3月 東京大学工学部合成化学科卒業
昭和48年大学院修了工学博士
元東京大学生産技術研究所 教授

070420_04 070424_06 Yasui
プレハブ建築協会主催環境シンポジュウムを聴講した友人が
安井至は見識が高いと絶賛しました.
私は入院中でしたので聞いていませんがインターネット上で情報収集しましたので掲載します

+++++++++++++++++++++++++++

プレハブ建築協会主催環境シンポジュウム
http://www.purekyo.or.jp/pdf/2007kankyo.pdf

「50年寿命等超寿命の住宅を生産するなら
 50年後の気象変化に対応をしてるのか! 
 未来ビジョンを織り込んだ住宅建設を」
という問題提起だったそうです

安井至の心情?
──なるほど。現世代の我々が被害をこうむらないからこそ、「想像力」が必要というわけですね。

安井: そうです。環境問題には「ローカルリスク」と「グローバルリスク(フューチャーリスク)」があります。公害問題はローカルリスクで、今起きていることの被害がその場で出てきますが、科学が発展して諸々の対策がなされたことで、ローカルリスクは減少してきました。一方、温暖化問題は将来的な影響が危惧されるグローバルリスクのひとつで、ローカルリスクが減少しつつあるのに相反して、急激な増加傾向にあります。

070420_02

ちなみに、ごみ問題はその中間に位置します。ごみ問題は現世代も多少は困っていますが、将来はもっと困ることになるでしょう。100年後にはごみを捨てる場所さえなくなりますからね。そういうローカルとグローバルの中間的な性格を持つ問題もあります

──それでは最後に、安井先生から読者へメッセージをお願いします。

安井: 講演でも言っていることですが、こういった話を聞いたり読んだりして「わかった」「面白かった」と感じたら、ぜひその話を他の人にしてみてください。人間は「こうする方が良い」とわかっていても、自分の行動をなかなか変えられないものです。人間には「話を理解する」ことと「自らの行動を変える」ことの間に、「他者へ話す」というステップがありますから、行動に移せなくても、話すところまではぜひ実行してほしい。

ただ単に「面白かった」で終わってしまえば、何もなかったのと同じことです。家族でも、親戚でも、同僚でも、隣近所でもいい。誰かに話してください。それで「お前の話はおかしいよ」といわれたら、それはきっとまだ理解できていないのでしょう。逆に、相手を説得できたら、それは素晴らしいことではありませんか。

私の場合、息子や娘はよくわかってくれるのですが、カミさんを説得するのだけは難しくてね(笑)。それでも誰かに話すことは何かを変える第一歩になると思います。

──ありがとうございました。

エコジャパンインタビュー
http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/070424_kokuren02/index1.html
http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/070424_kokuren02/index5.html

市民のための環境学
http://www.yasuienv.net/

プレハブ建築協会主催環境シンポジュウム
http://www.purekyo.or.jp/pdf/2007kankyo.pdf

プレハブ建築協会HP
http://www.purekyo.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月31日 (月)

謹賀新年

S

S08haru_027 明けましておめでとうございます
2008年が地球にとって、環境にとってやさしさを取り戻す歳元年になりますように!

去年ゴアによる「不都合な真実」(an inconveniento truth)が発表されました
今年は日本で、洞爺湖サミットで環境問題が話し合われます
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325452/

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E9%83%BD%E5%90%88%E3%81%AA%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%A2/dp/427000181X

ゴアの提唱した「あなたにもできる10の事」を噛締めたいとおもいます
1)省エネ型電気製品に取り替える
2)停車中はエンジンをきる
3)リサイクル推進
4)車の燃費を上げる
5)節水に努める
6)過剰包装を断る、エコバックをつかう
7)冷暖房の設定をさげる
8)たくさんの木を植える
9)環境危機について学ぶ
10)映画不都合な真実を見て友人と語り合う

私は「木を植える、花の種を友人に分ける」を実行したいと思っています。

S_2 S_3

S08haruS071027aki_052_2 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

洞爺湖サミット
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/toyako08/info/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)