« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月13日 (火)

除雪機スノーパワーDXのVベルト交換

除雪機スノーパワーDXのVベルト交換
Sdscf5481
f5481
日本では合う型式がありません
Amazon アメリカに 合うものがあります
 
AMETRIC V-VELT 3PJ584
3山 2溝 584mm長さ が合う型番と解った
 
これをアメリカ在住の友人経由で取り寄せ 装着しました
結果は 合格、順調に回転しています
AMETRIC V-VELT 3PJ584のサイト
https://www.amazon.com/3PJ584-Ametric®-Metric-Poly-V-Profile/dp/B00HV08V30
 
 
手順
スノーパワーを横倒しにして
ビス6本を外す
1本だけ長いのがあるが 隙間を埋めるプラスチックスペーサーと友締めに使われている
Sdscf5485
f5485
トルクレンチで13mmナットを外す
平ワッシャーがかまされているのでなくさないように保管
Sdscf5488
f5488
 
カバーふたを取るとこんな感じ
手前が 回転翼を回す輪
真ん中にテンションプーリー
奥の小さいプーリーがモーターと直結してる
Sdscf5491
 
f5491
 
3PJ584ベルトと 近似の三ツ星ベルトの違い
Sdscf5495
f5495
テンションプーリーを跳ね上げ、ベルトをはめ込みます
Sdscf5497
f5497
分解と逆順でカバーをはめ込みボルト締め、ナットをレンチで締めます
Sdscf5500
f5500
試運転で 回転翼が回るのを確認しました
作業は手慣れたので10分くらいで済みました
追伸
4年前の大雪に懲りて買って出番を待っていました
 今回の1.23関東地方の大雪でつくば山麓では20cmから30cmの積雪
前の晩8時、 15cm位の粉雪状態では 
平常に使え5mほど先に吹き飛ばしてくれました
しかし
翌朝の8時ではザラメ状態、一部圧雪になっており
これを回転翼が巻き込んで 動かなくなりました
モーター音はすれど 回転翼は回らず
 
後ほど サイドパネルを開けてみると Vベルトが切断されていました
 
近くのホームセンターで農業機械用の近い 長さ、幅のベルトを求め
はめてみましたが スリップして 回転翼は回りません

そのあとモノタロウ経由で 三ツ星ベルトを買いましたが 幅が合いません。
(Jタイプがないので kタイプを求めましたが幅が大きかった)
最後に
現在のアマゾンジャパンの 販売者にパーツ設定を依頼しましたが
うちが売ったものではないと 冷たい返事です

4年前はAmazonが直に販売してたようですが 今は業者が出店してます
 
過電流防止のブレーカーがついてないので Vベルトが切れるのは当たり前です
パーツ設定は マスト でしょうに
Amazonとしても 業者を指導してもらいたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »