« 山陰ツー 津和野 2017 | トップページ

2017年5月31日 (水)

山陰ツー 城崎温泉 2017

山陰ツー 城崎温泉 2017
Sdscf4698
4698
Sdscf4711

4711
Sdscf4759
4759
三方五湖、天橋立と丹後ブルーを楽しんだ後
早めに城崎温泉に到着
 
1400年ごろの開湯で昔ながらの木造3階建ての街並み、
おおくの文人が訪れたので句碑があり文学に親しめる
外湯巡りに便利な 南柳通りの小林屋にチェックイン
仲居さんの手伝いを受け 浴衣に着替え、
外湯パスポート(バーコード付き)をもらい
Sdscf4726
4726
Sdscf4735
4735
下駄をはき
目の前の一の湯に ドボン
 >開運招福  洞窟風呂
Sdscf4701
4701
次は歩いて1,2分の 御所の湯に
 >火伏良縁  天空の湯(大きな滝を眺めながら)
Sdscf4717
4717
Sdscf4707
4707
腹がすいたので 宿に戻り
早速 部屋食サービスを受ける
写真でもわかる通り 品数が多くて食べきれませんでした
Sdscf4727
4727
Sdscf4729_2
4730
Sdscf4733
寝る前に 内湯で汗を流し10時前に就寝
朝5時に目覚め シャワー代わりのドボン
朝食も 7時から部屋食
Sdscf4737_3
 
4737
Sdscf4739
4739
8時になったので 外湯 鴻の湯に
コウノトリが足の傷を癒したとされる 一番古い湯
Sdscf4760
4760
Sdscf4762
4762
Sdscf4761
4761
帰りがけに 温泉寺に立ち寄る 薬師観音
ここから 文学碑巡りを始める
Sdscf4766
4766
Sdscf4769
4769
飲泉場脇に有島武郎
Sdscf4767
4767
Sdscf4768
4768
月見橋脇に 芭蕉
しかし 芭蕉が城崎に来たかどうかは疑わしい
Sdscf4773
4773
Sdscf4772_2
4772
湯の里通り、つたや旅館前には 司馬遼太郎 の句碑
幕末の志士木戸孝允(桂小五郎)がこの宿に潜んだとある
京都蛤御門の変の後
Sdscf4754
4754
Sdscf4755
4755
Sdscf4750
4750
一の湯の右脇足湯スポット奥には 与謝野鉄幹 晶子の句碑
Sdscf4744
4744
Sdscf4741
4741
城崎文芸館には 志賀直哉の句碑
Sdscf4784
4784
Sdscf4786
4786
ここまでにして  宿に戻り松江行の準備
>城崎温泉駅前には 島崎藤村の句碑があったが
 天候が怪しく 松江に行くのを優先した
城崎温泉は 古いのと 街並み保存がよく
外人観光客、女性にも受けており浴衣姿もちらほら
お菓子は温泉饅頭を筆頭にいろいろありました
Sdscf4777
4777
Sdscf4714
4714
 
Sdscf4709
 
Sdscf4748
 
4709
句碑巡り
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/info/meguri.html
外湯巡り
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/
 
 

|

« 山陰ツー 津和野 2017 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127748/65351701

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰ツー 城崎温泉 2017:

« 山陰ツー 津和野 2017 | トップページ