« 2017年4月 | トップページ

2017年5月31日 (水)

山陰ツー 城崎温泉 2017

山陰ツー 城崎温泉 2017
Sdscf4698
4698
Sdscf4711

4711
Sdscf4759
4759
三方五湖、天橋立と丹後ブルーを楽しんだ後
早めに城崎温泉に到着
 
1400年ごろの開湯で昔ながらの木造3階建ての街並み、
おおくの文人が訪れたので句碑があり文学に親しめる
外湯巡りに便利な 南柳通りの小林屋にチェックイン
仲居さんの手伝いを受け 浴衣に着替え、
外湯パスポート(バーコード付き)をもらい
Sdscf4726
4726
Sdscf4735
4735
下駄をはき
目の前の一の湯に ドボン
 >開運招福  洞窟風呂
Sdscf4701
4701
次は歩いて1,2分の 御所の湯に
 >火伏良縁  天空の湯(大きな滝を眺めながら)
Sdscf4717
4717
Sdscf4707
4707
腹がすいたので 宿に戻り
早速 部屋食サービスを受ける
写真でもわかる通り 品数が多くて食べきれませんでした
Sdscf4727
4727
Sdscf4729_2
4730
Sdscf4733
寝る前に 内湯で汗を流し10時前に就寝
朝5時に目覚め シャワー代わりのドボン
朝食も 7時から部屋食
Sdscf4737_3
 
4737
Sdscf4739
4739
8時になったので 外湯 鴻の湯に
コウノトリが足の傷を癒したとされる 一番古い湯
Sdscf4760
4760
Sdscf4762
4762
Sdscf4761
4761
帰りがけに 温泉寺に立ち寄る 薬師観音
ここから 文学碑巡りを始める
Sdscf4766
4766
Sdscf4769
4769
飲泉場脇に有島武郎
Sdscf4767
4767
Sdscf4768
4768
月見橋脇に 芭蕉
しかし 芭蕉が城崎に来たかどうかは疑わしい
Sdscf4773
4773
Sdscf4772_2
4772
湯の里通り、つたや旅館前には 司馬遼太郎 の句碑
幕末の志士木戸孝允(桂小五郎)がこの宿に潜んだとある
京都蛤御門の変の後
Sdscf4754
4754
Sdscf4755
4755
Sdscf4750
4750
一の湯の右脇足湯スポット奥には 与謝野鉄幹 晶子の句碑
Sdscf4744
4744
Sdscf4741
4741
城崎文芸館には 志賀直哉の句碑
Sdscf4784
4784
Sdscf4786
4786
ここまでにして  宿に戻り松江行の準備
>城崎温泉駅前には 島崎藤村の句碑があったが
 天候が怪しく 松江に行くのを優先した
城崎温泉は 古いのと 街並み保存がよく
外人観光客、女性にも受けており浴衣姿もちらほら
お菓子は温泉饅頭を筆頭にいろいろありました
Sdscf4777
4777
Sdscf4714
4714
 
Sdscf4709
 
Sdscf4748
 
4709
句碑巡り
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/info/meguri.html
外湯巡り
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

山陰ツー 津和野 2017

山陰ツー 津和野 2017.5
Sdscf4893
4893
Sdscf4848
4848
江戸時代末期の城下町の姿が残っている
森鴎外、西周が誕生育った土地
SLが通り転車台がある街
Sdscn6939
6939
 
ルートイン松江に宿泊して
宍道湖北側を通る国431号で
出雲神社をお参りした後
ひたすら国9号+山陰道(無料・有料)を使い
浜田、益田を経由して津和野に入りました
220km
 
駅前の観光センターで見どころ、歩き方を相談
Sdscf4850
4850
 
街中をあらあらバイクで巡回して
 
森鴎外記念館・旧宅を見学
こんな土地から 鴎外のような偉人が出たとはおどろきです
後で宿屋の若旦那から聞いたのには
>>津和野は松江・浜田・益田というより山口に近い人脈で
  鴎外が東京に出た後薩長の人脈で出世していった
Sdscf4851
 
4851
Sdscf4854
 
4854
Sdscf4862
 
4862
Sdscf4863
4863
 
津和野で一つしかない温泉、旅館 わたやにバイクを預け
街中散策開始
Sdscn6921
 
6921
Sdscf4890
 
鯉(江戸時代非常食)のいる掘割(防火対策)めぐり
電柱地下化されてる街を歩きます
Sdscn6932
6932
菓子屋、酒屋,お香,旅籠,薬や。。
Sdscn6923
6923
Sdscn6924
6924
Sdscn6938
6938
Sdscn6940
 
6940
Sdscn6944
6944
教会は幕末キリスト教徒が津和野藩お預けになった名残?
Sdscn6929
6929
出会い ハンガリー人のペルラキ・ディーネシュさん
日本遺産センターで津和野今昔100景のパネルを
見ていたところ話しかけられました
なんと学芸員
日本語が上手、説明が上手、質問にもほとんど答えられました
Sdscn6936
6936
Sdscn6950
6950
Sdscn6947
6947
津和野今昔100景の説明をしてもらいました
Sdscf4888
 
彼のおすすめで 永明寺に
住職不在で拝観中止中 ご本尊と裏の庭(山水)は見られず
歴代藩主の菩提寺+鴎外の墓
Sdscn6960
6960
Sdscn6965
6965
Sdscn6961
6961
赤い鳥居の連続する 太皷谷稲荷神社 にも
行きたかったのですが
永明寺の坂を登る時膝を痛め参拝はせず
Sdscf4910
4910
遠目に見た津和野城の石垣
さだまさしお気に入りの城とか?!
かかしという曲はここでの印象で作ったとか
Sdscf4897
4897
 
>>案山子 詩
  元気でいるか 街には慣れたか
  友達できたか
  寂しかないか お金はあるか
  今度いつ帰る
  城跡から見下ろせば 蒼く細い河
  橋のたもとに 造り酒屋のレンガ煙突
  この街を綿菓子に 染め抜いた雪が
  消えればお前が ここから出て
  初めての春
 
森鴎外も帰郷の気持ちはあったようだが
鉄道が通じた後でも帰れなかった
津和野銘菓は源氏巻
(餡をどら焼きの皮で巻いたもの)
 
Sdscf5074
5074
温泉旅館わたやのおもてなし,懐石料理
Sdscf4873
4873
Sdscf4871
4871
Sdscn6981
6981
Sdscn6984
6984
Sdscf4874
 
4874
翌朝 わたやの津和野ツアーに参加
津和野が望める隠れスポットに案内してもらいました
 
Sdscf4895
4895
Sdscf4903
4903
 
足湯には入らず チェックアウト
Sdscf4913
4913
 
 
津和野 日本遺産センター
https://tsuwano100.net/facility/
津和野
津和野百景
https://tsuwano100.net/
森鴎外記念館
http://www.town.tsuwano.lg.jp/shisetsu/ougai.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

山陰ツー2000km

山陰ツー2137km 5月22日から27日
 
Sdscn6821
 6821
Sdscf4810
4810
圏央道がつながったので関西方面に行きやすくなりました
山陰の天気が安定するこの期間を選び正解、雨は半日のみ
名門大洋フェリーのぶんぶん割引は40%でお得でした
しかも食事、ベッド、二次元バーコードを使った乗船手続きなどコスパがよかった
 
高速を使い過ぎたせいか、走りの思い出より観光の思い出のほうが印象が残りました
三方五胡、天橋立は快晴の中 丹後ブルーを満喫しました
松江城見学、出雲大社と歴史館、
城崎温泉散策(外湯・文人の句碑探し)
津和野日本遺産センターと森鴎外記念館、
萩松陰神社と至誠館訪問は楽しかったです
 
ルート
1日目  圏央道(境古河)-八王子JCNー中央道(甲府・中津川)-東名(大垣)
       485km
2日目  大垣ー敦賀ー三方五湖ー舞鶴ー天橋立ー丹後半島ー城崎温泉
       347km
3日目  城崎温泉ー(鳥取ーヒルゼン高原ー米子ー境港)ー松江
       215km
4日目  松江ー出雲大社ー津和野                   
       222km
5日目  津和野ー萩ー(長門ー角島)ー下関ー新門司港      
       189km
6日目  (フェリー)大阪南港ー名阪ー新東名ー蛯名JCNー圏央道(境古河)
       679km
宿泊  ルートイン大垣  @6600
     城崎温泉小林屋  @15000
     ルートイン松江  @6600
     津和野温泉わた屋 @14000
     名門大洋フェリー(きたきゅうしゅうⅡ)
     @9000ぶんぶんフェリー割引
 
経費概算
    ガソリン代    14k¥(2137km/22kmx@140)
    高速料金     20k¥(延べ1200km)
    宿泊代      43k¥
    小遣い(昼、酒) 30k¥(5k¥x6日)入館料含む
    土産代(萩香炉他)10k¥
      小計    117k¥
 
計画変更
3日目の鳥取ーヒルゼン高原ー米子ー境港は雨のためパスし松江城観光に変更
4日目の長門ー角島は秋吉台観光に変更
 
三方五湖
Sdscn6754
 
6754
Sdscf4666
4666
 
天橋立展望台にはリフトで上ります
Sdscn6815
6815
 
城崎温泉
Sdscf4699
 
4699
Sdscf4700
 
4700
 
天守回廊が無い松江城
Sdscn6842
6842
 
出雲大社奥の院
Sdscn6908
6908
 
歴史館の展示
Sdscf4823
4823
 
銅鐸出土の様子
Sdscf4828
4828
 
津和野
Sdscf4892
4892
 
Sdscn6920
6920
 
Sdscn6928
6928
 
萩松陰神社
Sdscf4925
4925
 
松下村塾
Sdscf4933
 
4933
 
秋吉台
Sdscn7001
7001
 
関門海峡
Sdscn7004
7004
 
フェリー北九州2&ツーリストベッド
Sdscf4967
4967
 
Sdscf4971
4971
 
Sdscf4983
4983
 
瀬戸大橋と淡路島
Sdscf5019
5019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

今年はつつじが当たり年

今年はつつじが当たり年 2017年
花つつじも山つつじも満開です
Sdscf4612
4612
Sdscf4614
4614
Sdscf4620
4620
このほかに咲いているのは
 
マーガレット、
Sdscf4615
4615
 
こてまり
Sdscf4617
4617
 
アヤメ
Sdscf4616
4616
 
矢車草
Sdscf4619
4619
 
シャカ
Sdscf4634
4634
 
藤は盛りを過ぎました
Sdscf4629
4629
絹さやエンドウ豆が花いっぱいです
Sdscf4623
4623
 
アンズはかわいい実がつきました
梅の実にそっくりです
Sdscf4628
4628
 
青空も気持ちの良い5月5日こどもの日 立夏です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ