« 春よ来い2017 | トップページ | 筑波山冠雪 3月15日 »

2017年3月11日 (土)

東日本大震災から早6年

東日本大震災から早6年
 
2011年3月11日 2時46分
ご当地は震度6弱
 
防災グッズの点検、虫干しをしました
Sdscf4579
 
あの時私は外で雑草取りをしていました
大きく揺れたので近くのモチの木にへばりついていました
大きな木の下は根が張っていて地割れから守ってくれるから
遠方の高圧電線は左右に大きく揺れ地震の大きさを示していました
 
揺れが収まってから家の中に入って見ましたが、本棚一つ倒れておらず
意外と被害がないと思い 再度庭に出て草刈り作業をつづけていました。
 
30分ほど経って、近くに義母の実家があるのを思い出し行って見ると
大谷石の塀は半壊状態でした。家そのものは損害ありませんでした
 
その後停電、上水道断水、携帯電話不通となりラジオだけが情報源となりました
 
夕方 津波で福島第一原発1,2,3,4号機の外部電源喪失、
   1,2,3炉心冷却不可能に。4号機は定期点検中で運転停止状態
 
12日 晴れ北西の風  15時36分 1号機水素爆発
13日 晴れ南の風   11時01分 3号機水素爆発
14日 晴れ南南西の風 ご当地の電気は復活、(上水復活は1w後)
15日 曇り東北東の風 6時00分 2号機爆発、6時14分4号機爆発
16日 雨 西北西の風 放射性物質が飛散するも加波山、雨引山、筑波山が
                                  壁になり被害最小
17日 晴れヘリ放水開始
 
爆発映像
https://www.youtube.com/watch?v=VLJspb_mo-s
 
詳細 シルバーライダー震災当日の様子
M8.8筑波山麓災害状況と対策
    http://cb400rdhp.cocolog-nifty.com/test/2011/03/m88-fb43.html
  http://cb400rdhp.cocolog-nifty.com/test/2011/03/m88-fb43.html
 
 
6年たった 放射能汚染の地図
これで 帰宅をさせてもよいものなのか?
30年封鎖して 次世代に理想郷を作らせたほうがよいのではないか
除染してストックした フレコンが破れて飛散することもありうるし
 
Sdscn6598
 
6598
 
Sdscn6599
6599
 
Sdscn6600
6600
Sdscn6601
 
6601

|

« 春よ来い2017 | トップページ | 筑波山冠雪 3月15日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127748/65002134

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から早6年:

« 春よ来い2017 | トップページ | 筑波山冠雪 3月15日 »