« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年6月27日 (月)

フィレンツエの美術品

フィレンツエの美術品
 
ルネサンスを開花させ、ローマに移植させた商業都市国家
 
Sdscn5345
n5344
 
Sdscn5373
n5373
 
ウッフィッツイ美術館、
シニョリーア広場&ベッキオ宮殿
ピッテイ宮殿

にあります
 
フィレンツエは
 ボッティチェリ、     宗教画が得意        1445-1510
 レオナルド・ダ・ヴィンチ ミラノの芸術家      1452-1519
 ミケランジェロ、     その後ローマで活躍  1475-1564 
 ラファエロ             その後ローマで活躍  1483-1520

らが活躍した街
 
 
1.シニョリーア広場
   彫刻が立ち並ぶ野外広場
 
Sdscn5357
   n5357
 
 ・コジモ一世騎馬像  メディチ家中興の祖 ジャンボーニャ作
 
Sdscn5356
  n5356
 
 
 ヴェッキオ宮殿前の彫刻
 ・ダヴィデ像 ミケランジェロのコピー
  (本物はアカデミア美術館に設置されている)
  石を握り占める右手、左手の二の腕の筋肉の表現がミケランジェロ
 
Sdscn5362
  n5362
Sdscn5367
    n5367
 
 ・ヘラクレスとカクス  バンディネッリ作
 
Sdscn5364
   
   n5364
            
2.ベッキオ宮殿

  シニョリーア広場に隣接、現在は市庁舎として使われる
 
Sdscn5438
  n5438
 
 
3.ウッフィッツイ宮殿1,2、3廊下
 
 
Sdscn5374
    
  
  n5374
Sdscn5375
  n5375
Sdscn5376
  n5376
 
 
マエスタ(聖母)  板にテンペラ  1200年代

    ジオット 
 
 
Sdscn5380
  n5380
 
受胎告知    板にテンペラ  1300年代

  シモーネ・マルティーニ
 
Sdscn5382
 
   n5382
 
 
3.ウッフィッツイ美術館
 
Sdscn5390
  n5390
 
 
 ・受胎告知  板にテンペラ  1475-1580年
  レオナルド・ダ・ヴィンチ  20歳の時の作品
 
  天使ガブリエルがマリアに受胎したことを右手で告知
  マリアは左手で了解を意思表示
  その手の描き方が レオナルド・ダ・ヴィンチの真骨頂
  スカートの襞など宗教画でありながらリアル
 
Sdscn5445
   n5445
 
 ・春(プリマヴェーラ) 板にテンペラ   1484年

   ボッティチェリ
 
   中央のヴィーナスは人間の象徴
   左の3人は愛、貞操、美の象徴とか
 
Sdscn5427
  n5427
 
 
 ・ヴィーナスの誕生   リネン布にテンペラ  1484年
   ボッティチェリ
 
  海の泡から生まれた瞬間のヴィーナス
  風の神ゼフュロス、アウラの起こす風で岸辺に寄せられた
  花柄のローブのピンクがデリケート、写真より淡い?
 
Sdscn5425
  n5425
 
 
 聖母子像競演
 
 1)聖家族とヨハネ    板にテンペラ 1506-1508年

   ミケランジェロ
 
  明るい色彩
  天井を見上げてイエスの未来を心配している
 
Sdscn5417
  
 n5417
  
  
 2)ザクロの聖母子 (ネットより) 板にテンペラ 1484年

   ボッティチェリ
 
Zakuro1
  zakuro..
 
 3)ヒワの聖母  板にテンペラ  1505-1506年
   ラファエロ
 
  ヒワ(鳥)がヨハネの手の中に、
  ヒワは豊穣と受難の象徴
  聖母のマドンナブルーと神の赤の対比
  三角形

    聖アンナと聖母子   ルーブル美術館所蔵
    レオナルド・ダ・ヴィンチ
    を参考にしたといわれている
 
Sdscn5442
   n5442
 
 
  参考
 4)大公の聖母子  ピッティ宮パラティーナ美術館蔵 1505年
   ラファエロ
 
P0011
  p0001
 
 ・ウルヴィーノのヴィーナス    キャンヴァスに油絵 1538年
   ティッツイアーノ
 
  わきで寝そべっている犬は貞節の象徴だが
  眠ていて役目を放棄中とか
 
Sdscn5452
 
   n5452
 
 ・ヴィーナスの彫刻
     誰の作品?
 
Sdscn5421
 n5421
 
 
 カラヴァッジヨ もあります
   1573-1610 | イタリア | バロック

  徹底した写実性と劇的な明暗対比や感情表現で、
  後にあらゆるバロック期の画家に多大な影響を
  与えたと言われるイタリアバロック絵画最大の巨匠
  35歳の時に喧嘩で一人の男と決闘、相手を刺し殺し
  ローマから逃亡。殺人犯として追われる身となったが、
  逃亡先のマルタ共和国で『洗礼者聖ヨハネの斬首』を描き、
  これが認められ教皇より免罪される
 
 ・イサクの犠牲 キャンバスに油絵 1601年

   カラヴァッジオ

    
      キリストの自己犠牲を予示するもの
 
Sdscn5455
  
  n5455
 
 ・メドゥーサ ポプラ材の板に油彩  1597年

   カラヴァッジオ

   
    ギリシア神話に登場する怪物
    宝石のように輝く目を持ち、見たものを石に変える能力を持つ。
 
Sdscn5453
   
  n5453
 
4.ボッティチェリ VS レオナルド・ダ・ヴィンチ
 
 楽天家 対 理論家
  ヴィーナスのモデルをめぐる争いなど仲が悪かった
 
・ボッティチェリは対象を際立たせるため 線を多用
  メディチ家の庇護のもと活躍
 
・レオナルドは風景、体を観察して理論を作る
  空気遠近法、解剖学、陰影法(面で描く)最後の晩餐で遠近法を完成
  ミラノに戻りミラノ公の庇護のもと最後の晩餐を描く
 
5.レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ
 
  ベッキオ宮殿の500人広間の壁画を描く
  レオ10世の間 に二人の顔がある?
  ダヴィデの像の設置場所をめぐり 論争となる
  ミケランジェロは広場に設置するよう主張
 
6.レオナルド・ダ・ヴィンチにかわいがられたラファエロ
 
ps
ウッフィー美術館
http://www.amoitalia.com/firenze/galleria_uffizi.html
http://mytabi-italy.com/florence-uffizicapture/
http://mytabi-italy.com/florence-uffizireport/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

ヴァチカンの美術品

バチカンの美術品 
 
  多すぎて見きれない
  彫刻、壁画、タペストリー、、、、
  エジプト、ギリシャ、ローマ、ルネサンス時代まで
 
 ラオコーン
 代表的な収集品 前2cのブロンズ像のコピー
  木馬をトロイ場内に入れることに反対したかどで
  女神アテナから刑罰を受けた神官たちの群像
  その表現力はミケランジェロたちルネサンスの彫刻家に影響を与えた
 
 Sdscn6130
  d6130
 
最後の審判 
 システィーナ礼拝堂  ミケランジェロ
  1541年除幕
 人間的なキリストが 天国に行く人間と地獄に行く人間に審判を下す  
2461
   r110-1
 
  美術館内部
 
Sdscn6147  
 n6147
 
20年前に来た時の2倍3倍の混雑でした
スリがうようよしてるとの事もありおちおち見学できません
 
 
1.バチカン美術館
 広いとても広い 10万点の所蔵品
 各時代の教皇が教会の権威を高めるため収集した結果だとか
 どこをどう歩いたかわからない
 フロアーマップは無いものか?
 館内は24ほどに仕切られてるらしい
 カタログ ヴァチカンより転載
 
Sdscn6443
n6443
Sdscn6446
n6446
 
 番号22の入り口から入って 23,24,17,18,19,を見て
 10の回廊を通って 9のシスティーナ礼拝堂に入ったようだ
 
Sdscn6118
 n6118
 
 
  主な区画
1)エジプト美術館              見学なし
2)エトリアル美術館  ブロンズと金銀細工  見学なし?
3)地図のギャラリー             見学した
4)ニコラウス5世他 歴代教皇の礼拝堂    記憶なし
    受胎告知を描いたフラ・アンジェリコを招請
   フィレンツエの息吹をローマに移植しようとした
  宗教画  フラ・アンジェリコ       見学なし
5)絵画館  14-16cルネサンスコレクション  見てない?
  ジョット ステファネスキの3連祭壇
 
  14122
  メロッツオ・ダ・フォルリ 天使たちと使徒 人間の姿を写実的に描いた
  ダヴィンチ 聖ヒエロニムス  人間の感情をリアルに描く
  ラファエロ キリストの変容  生身の人間のようなキリスト
 
Sdscn6194
  n6194
  (サンピエトロ寺院にあったコピー?)
 
6)古代ギリシャ・ローマ彫刻館 1万点の一部   見学した

  キアラモンティのニオベの娘  女神の走るっ姿
    首が無い 
  ギリシャ以前の彫刻は オスマントルコにより破壊され
  首や手が無いものが多い
  ミロのビーナスは 手が無い
 
 
Sdscn6448_2
 
 
   アポクシオメノス 汗を拭く運動選手
 
 Sdscn6124
  n6124
  
  アポロ 
Sdscn6126
    n6126
 
    ヴィーナス?  
 Sdscn6131
  n6131
Sdscn6132
    n6132
  
  トルソ 
  手、足、首が無いのに肉体美の表現が素晴らしい!?
  ミケランジェロが熱心に研究した
 
Sdscn6134
    n6134
 
7)八角形の中庭    見学した
 
 Sdscn6128
  n6128
 
8)円形の間      見学した
 
  Sdscn6137
  n6137
 Sdscn6138
    n6138
 
Sdscn6142
    n6142
 
  コスタンティーナの石棺  収穫の場面が描かれている
 
Sdscn6144
    n6144
 
9)ブラマンテの通廊、リゴーリオの通廊 どちらかを歩いた
  
  
  天井画
Sdscn6156
     n6156
Sdscn6161
    n6161
 
    地図のギャラリー
 
Sdscn6159
  n6159 イタリア半島
Sdscn6158
  n6158 ?
 
   
   
    中庭を眺める
Sdscn6163
 
    n6163
 
 
2.システィーナ礼拝堂
  撮影禁止でした
Rome1101
    246-1
 
3.サンピエトロ寺院
 
Sdscn6180
    n6180
Sdscn6186
    n6186
Sdscn6194_2
   n6194
Sdscn6195
  n6195
 
  ミケランジェロ設計のクーポラ(ドーム)
 
Sdscn6190
   n6190
    ピエタの像 ミケランジェロ
 
Sdscn6177
   n6177
   Sdscn6212
   n6212
Sdscn6223
   n6223
  
ベニスは商人の財力でサン・マルコ寺院とドウカーレ宮殿を
フィレンツエはサンタ・マリア・デル・フィオーレ教会とベッキオ宮殿を
そしてローマはバチカンの財力でバチカン美術館(旧教皇宮殿)と
ローマ市の再興を図った
バチカンは信徒からの浄財で立派なサンタ・マリア・マジョーレ教会を建て
さらに信徒を集め、浄財を集め一級の美術品を集め権威を高めたそうです
 
4.サンタ・マリア・マジョーレ教会
 大理石の柱の回廊
 天井を飾る金のタイルを使ったモザイク画
 バチカンの権威回復に寄与した
Sdscf4212
  f4212
Sdscf4215
  f4215
Sdscf4217
  f4217
 
  訪れた老婆を ガードマンがエスコートしていました
 
Sdscf4214
  
  f4214
 
5.バチカンの美術収集を考える
  BS-hi バチカン美術より抜粋
 
1)ニコラウス5世 在位1447-55
  ルネサンス絵画・彫刻を取り込んで
  キリスト教の権威回復ローマ復興に役立てた
  トレビの泉復興
  サンタ・マリア・マジョーレ教会(1450年を聖年と定め)巡礼を推奨
 
2)レクストウス4世  在位1471-84
  ルネサンスとバチカンの結婚をめざす
  ローマの街の整備
  広場作りにベルニーニの彫刻を活用
  システィーナ礼拝堂の建築  ミケランジェロ設計 
  建築は1483年完成 
  天井と壁にフレスコ画 (布教手段) 
    キリストの洗礼、聖ペテロへの天国へのカギの授与他  ペルジーノ
    キリストの誘惑                ボッティチェルリ
 
3)ユリウス2世  在位1503-13
  古代彫刻に託した思い 
    教養と権力の顕示 
    ローマがルネサンスの都としてよみがえる
  八角形の中庭にギリシャローマの彫刻を置き園遊会を開く  
  アポロン   ベルベデーレ
  ビーナス   ウエヌス・フェリックス
  ラオコーン  オッツピオの丘 1506年発見される
  トルソ     ベルベデーレ
  
  
  
  
ps
解説はこちら
http://mytabi-italy.com/vatican-museumsreport/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

北イタリア旅行 使用したホテル 4・5,6,7・8泊目

北イタリア旅行 使用したホテル  4・5,6,7・8泊目
 
4.5泊目 フィレンツェ
 デ・ラ・ヴィレ
 有名ブティークのある通りのど真ん中
 ドーモまで10分 ベッキオ橋まで15分
Sdscn5709
n5709
Sdscn5708
n5708
Sdscn5651
n5651
Sdscn5654
n5654
Sdscn5660
n5660
花がいっぱい
Sdscf3944
f3944
Sdscf3950
f3950
Sdscf3949
f3949
シャンデリアが素敵
Sdscn5707
n5707
Sdscf3945
f3945
Sdscf3871
f3871
 
6泊目 アッシジ
 ホテル・ジオット
 フランチェスコ教会まで10分
 テラスから朝夕見た アッシジ近郊の農村風景は抜群
Sdscf4076
f4076
Sdscf4077
f4077
Sdscf4007
f4007
Sdscf4014
f4014
朝食バイキング
Sdscn6052
n6052
ここも花いっぱい
Sdscf4004
f4004
Sdscf4005
f4005
7,8泊目 ローマ
 スターホテルメトロポールローマ
 ローマオペラ座のすぐそば
 スペイン階段から30分
 テルミニ駅まで10分
 ヴェニスのスターホテルと同じ系列
 室内も同じような感じ
Sp5245051
p5051
Sp5245054
p5054
写真はネットより拝借
Rom00070141
70-14
Rom00070071
70-07
朝食バイキング 
何を撮ろうとしたのか意図不明、しかもピンボケ
Sdscf4209
f4209
Rom00070131
70-13
一昨年のイギリス旅行では ホテルのアメニティーは日本なみ
イタリアでは パジャマ、歯ブラシ、レザー、櫛はつかない
1)シャワーカーテンが無いので 床に水が飛び散り 困った
2)温水洗浄便座は無いが ビデはついていた。が使い方がわからない
3)ベッド、照明システムはしっかりしていた
5)セーフティーボックス(金庫)は暗証番号方式
Sdscn5655
n5655
6)ミニバー利用価格は BAR(バル)の2倍だが 妥当か
  水    2ユーロ
  缶ビール 7ユーロ
  2合瓶程度のワイン 7ユーロ
ps
ビデの使い方
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1141431554347892401/page_2#auto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北イタリア旅行 使用したホテル 1,2・3泊目

北イタリア旅行 使用したホテル  1,2・3泊目
ホテルライフは 充実していました
 インテリはクラシックで落ち着く
 ホテル内はフラワーアレンジメントがいっぱいでした
1泊目 ミラノ
 グランドホテル ヴィスコンティパレス
 街中より南東 ローマ門駅の近く
 真夜中の到着だったので とにかく風呂、寝る
Sdscn4749
n4749
Sdscn4750
n4750
Sdscn4751
n4751
素晴らしい家具
Sdscf3680
f3680
朝食バイキング
Sdscf3684
f3684
Sdscf3686
f3686
2・3泊目 ヴェニス
 スターホテル メトロポールヴェニス
 サンマルコ広場まで10分の絶好のロケーション
 サンタルチア駅から海上タクシーのボートでホテル入り
 バッゲジは別便の貨物船でポーターしてくれました
Sdscn4999
n4999
メイン玄関は掘割に面している
Sdscf3724
f3724
Sdscf3727
f3727
Sdscf3719
f3719
屋上のパーティー会場
Sdscn5004
n5004
Sdscf3732
f3732
Sdscf3728
f3728
朝食バイキング 野菜果物が少なかった
島の中なので 配達が大変なのか
Sdscf3746
f3746
Sdscf3721
f3721
花の飾り方が 上手
Sdscf3749
f3749
Sdscf3718
f3718

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

ローマの見どころ

ローマの見どころ
すべての道はローマに通じる
旧アッピア街道
Sdscn6335
n6335
Sdscn6342
n6342
戦車の轍(わだち)が残る
Sdscn6336_2
n6336
マイルストーン(車窓から)
Sdscn6367
n6367
旧アッピア街道に行くには
「マクセンティウスの競技場」の手前の駐車場でミニバスを降ります
後ははてくてく1kmくらい歩きます
途中には

マクセンティウスの競技場」:306~312年に造営
  http://forumpacis.jugem.jp/?eid=218
Sdscn6317
n6317
Sdscn6319
n6319
ローマに入場する前の 関所跡
その後 貴族の館となり 墓所? にもなったらしい
Sdscn6320
n6320
 
メテッラの墓
 第一回三頭政治(前60年)のひとり、クラックスの息子の妻である
 チェチリア・メテッラの墓。
 現在は修復中。
 http://www.howtravel.com/europe/italy/rome/rom-sightseeing/rom-ancientbuilding/tomba-di-cecilia-metella/
Sdscf4186
f4186
Sdscn6321
n6321
 
クラウディア水道橋・水道橋公園
 真ん中の四角い穴に水が通っていた
Sdscn6360
n6360
Sdscn6351
n6351
Sdscn6355
n6355
日本が縄文時代のころ 水道橋が作られていたとはびっくり
水道橋に至る小道の松の木並木  
仕立てが変わっている
日本ならば 栄太郎の梅干し飴の缶のようなデザイン
ここは鴻ノ巣のようなデザイン
Sdscn6345
n6345
隣は ゴルフのショートコースと公園
Sdscn6344
n6344
Sdscn6366
n6366
 
ハイライト
サンピエトロ寺院

傭兵も美しい
Sdscn6208
n6208
Sdscn6223
n6223
Sdscn6180
n6180
 
ガラス越しの見学となってしまいました

ミケランジェロの傑作 ピエタの像
ピエタ(愛燐)を表現する・・・キリストを抱く聖母マリア
キリストを抱く永遠の処女マリアは歳を取らないということで若い女性像!?
Sdscn6178
n6178
大クーポラ(ドーム)
  ミケランジェロ設計
Sdscn6190
n6190
 
バチカン博物館
Sdscn6118
n6118
Sdscn6121
n6121
英雄は素っ裸で表現されるそうです
Sdscn6126
n6126
Sdscn6133
n6133
Sdscn6147
n6147
Sdscn6156
n6156
中庭
Sdscn6163
n6163
 
コロッセウム・フォロロマーノ

 Sdscn6283
n6283
Sdscn6284
n6284
 
スリがうようよしてた トレビの泉
警察がパトロールしていました

/div>

Sdscn6268
n6268
Sdscn6263
n6263
Sdscn6266
n6266
 
工事中のスペイン階段
 
Sdscn6238
n6238
階段下の噴水
Sdscn6241
n6241
階段上のオベリスク
Sdscn6237
n6237
 
手袋はセレモネータ(スペイン階段そば)

20年前に買ったものは15年使いました
やわらかい、丈夫,
女物はカラフル
15年前京王百貨店でセレモネータの販促が行われており
イタリア人の社長がいたので
good jobと激励しておきました
なかなかの男前でフェラーリーに乗って・・・・
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ee-shopping/brand/sermoneta.html#62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

ヴェネチアの見どころ

ヴェネチアの見どころ
Sdscn5022
n5022
 
1月末のマスカレード(仮面舞踏会)の余韻が1年中ある町

路地の、広場のお店に仮面の専門店があっちこっち
Sdscn5238
n5238
 
ヴェネチアングラスの本場 ムラーノ島
 
Sdscn5226
n5226
Sdscn5225
n5225
 
LAGUNA・ムラーノガラス の水差し作成の実演

この後一輪差しを買いましたが 2万円でした
5000円の中国製は金がすぐ剥げるとの事
Sdscn5224
n5224
冠水アクアアルタ が発生したサンマルコ広場
Sdscn5029
n5029
それでもオープンカフェを楽しむ、イタリア人
音楽演奏会もやってました
照明が冠水した水に映ってきれい
Sdscn5032
n5032
Sdscn5020
n5020
 
ヴェニスといえば ゴンドラ乗り

今回のツアーではカンツオーネの歌手と、アコーデオン奏者
を乗せた船を含め 3隻に分乗しての掘割周遊でした
グレードの高いツアーは細かいところがよくできていますね
Sdscn5098
n5098
Sdscn5068
n5068
Sdscn5080
n5080
Sdscn5090
n5090
 
サンマルコ寺院とバルコニー
 
Sdscn5102
n5102
バルコニーからサンマルコ広場を望む
Sdscn5212
n5212
Sdscn5209
n5209
中庭を望む(サンマルコ寺院とドウカーレ宮殿)
Sdscn5126
n5126
 
ドウカーレ宮殿
 
豪華! ヴェニスの商人の財力侮りがたし
Sdscn5150
n5150
Sdscn5152
n5152
Sdscn5173
n5173
Sdscn5179
n5179
 
冠水 アクアアルタ
http://italia-ryokou.com/venezia/941/
ヴェネチアンガラス ラグナ・ムラーノ・ガラス工房
http://vsjapan.server-shared.com/lagunajpn2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

北イタリア 街中比較

北イタリア 街中比較
Sdscn5719
N5719
 
1)ミラノ
  地味なスカラ座
 
Sdscn4769
  N4769
 
その前の広場にある レオナルド・ダ・ヴィンチの像とその子弟たち
 
Sdscn4768
 N4768
 
 西洋菩提樹が花を咲かせていました
 
Sdscn4771
 N4771
 
 ドオーモに続くガレリア(アーケード)
 
Sdscn4879
N4879
 
ガレリアの中心にある牛のモザイク
  かかとで踏んで一周すると幸運に恵まれるとか
 
Sdscn4881
 
 N4881
ミラノファッションの片りん KENZO
 
Sdscn4890
 
 N4890
路面電車が走ってた
 
Sdscn4896
 N4896
 
2)フィレンツェ
観光馬車が通る,広場にはオープンカフェ
 
Sdscn5281
N5281
Sdscn5282
N5282
 
その周辺には 彫刻がずらり 青空展示
ダビデの像のレプリカ(400年前のレプリカ)
手先、腕の筋肉表現がルネサンス
 
Sdscn5288
 
N5288
Sdscn5282_2
N5287
 
1000万円の観光馬車,後ろはシャネルのブティーク
 
Sdscn5291
N5291
 
ベッキオ橋遠景と橋の上の商店街
(怪しげな物売りたちも)
Sdscn5402
N5402
Sdscn5682
N5682
Sdscn5685
N5685
Sdscn5690
N5690
 
整然と並んだバイク
 
Sdscn5645
N5645
 
 
3)シエナ
 
Sdscn5766
N5766
 
素晴らしいファザード(前面の壁)
 
Sdscn5890
N5890
 
坂道が多い街
 
Sdscn5779
N5779
Sdscn5798
N5798
 
街区ごとに紋章が異なる
この街区ごと対抗で、カンポ広場で競馬が開催される
 
Sdscn5799
N5799
007慰めの報酬 で 競馬シーンがでていましたね
カンポ広場
Sdscn5896
N5896
Sdscn5897
N5897
ブティーク
ラッシーのブリーダー ルシェルシェのおっかさんにスカーフを購入した
 
Sdscn5911
N5911
 
トスカーナの田園風景
 
Sdscn5923
N5923
Sdscn5924
N5924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

北イタリア  ドゥオーモ比較

北イタリア  ドゥオーモ比較
Sdscn5746
N5746
 
中心はドゥオーモとその広場
ドゥオーモとはその教区の中心となるドーム(クーポラ)を持った教会
大理石、モザイクタイル、フラスコ画の壁、それにステンドグラス
豪華です
 
1)ミラノ
 前身はサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、
 大聖堂ドゥオーモは1386年ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの
 意向により着工し、約500年の時を経てナポレオンの命により
 完成した。
 ゴシック様式
 
Sdscn4793
N4793
 
セキュリティーも厳しい
 
Sdscn4802
N4802
Sdscn4834
N4834
 
素晴らしいステンドガラス 左下は受胎告知
 
Sdscn4853
N4853
 
 
2)フィレンツェ

 メディチ家の遺産
 ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)は、
 140年以上かけて建設された。
 現在の姿になるまで600年も費やした!
 白の大理石を基調として、赤、緑とイタリアカラーの
 大理石で装飾されきれい
 
Sdscn5345
 N5345
Sdscn5299
 N5299
Sdscn5323
N5323
 
天井のフレスコ画
 
Sdscn5331
  N5331
 
 街中からあっちこっちの美しい教会が見える
 サンタ・クローチェ教会
 
Sdscn5470
 
  N5470
 
3)ピサの斜塔とドゥオーモ
 
Sdscn5527
 N5527
Sdscn5603
N5603
斜塔の上から見た街並み
 
Sdscn5597
N5597
 
4)シエナ

 ドゥオモとカンポ広場
 イタリア中西部、トスカーナ丘陵地帯の中心でブドウ畑や
 オリーブ畑に囲まれたシエナは、
 中世イタリアの雰囲気を色濃く残す古都です
 シエナの町の中心部には、壮大なシエナ大聖堂(ドゥオーモ)が
 聳えています
 ロマネスク建築の傑作シエナ大聖堂。 天井、壁画はモザイク
 外壁は、白と黒の大理石の縞模様。
 イタリアの強い陽射しに輝く白と黒。
 
Sdscn5805
 N5805
Sdscn5868
  N5868
Sdscn5847
  N5847
Sdscn5887

  N5887

競馬が行われるカンポ広場
 
Sdscn5908
N5908
5)ローマ バチカン

  サン・ピエトロ大聖堂
     ミケランジェロ設計の大クーポラ、
 
Sdscn6223
 
     N6223
Sdscn6222
     N6222
   
   内部にはミケランジェロ作のピエタ(愛燐)像
  子であるキリストより母であるマリアのほうが若い!?
  (処女受胎したので歳をとらないとのこと)
   写真撮影禁止でした(ネットからの拝借)
 
1371386861239131068291
   1239
 
  
 大きな ドゥオーモ を作ることが建築技術のみせどころ?
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

北イタリア旅行 食事

北イタリア旅行 食事
イギリス旅行に比べて格段食事がおいしい
なぜか?
パスタ、パン、ハム、チーズ,野菜・果物の種類が多い
さらにワインが安くておいしい。旅行中毎日飲んでいました
旅行中の主な食事
ミラノ
・ミラノ風カツレツ  写真なし
・ホテルでイカスミのスパゲッティー、魚の揚げ物
Sdscf3735
 F3735
Sdscf3736
  F3736
 
ヴェニス
・魚市場近くの R アッラ・マドンナで昼食(日本語メニューがある)
 ヴェニス名物クモガニのサラダ、リゾット、魚のスープ、プロセッコ
Sdscn5233
N5233
Sdscf3795
F3795
Sdscf3797
F3797
フィレンツエ
・トスカーナの郷土料理 写真と記憶なし
・レストランサバティーニの食事
Sdscf3857
   F3857
Sdscf3858
   F3858
Sdscf3859

   F3859
Sdscf3863
   F3863
  http://4travel.jp/overseas/area/europe/italy/firenze/restaurant/10004826/
  東京にもお店があるようです
 http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002657/
・10ユーロランチ 安くてうまい ボリュームあり 満員でした
Sdscf3917
  
F3917
Sdscf3918
F3918
Ssdscf3924b
SSF3924B
  オステリア チェント・ポーヴェリ
  http://www.centopoveri.it/
・トスカーナワインの夕べ(エノティカ居酒屋で)
   草津から来た 荻さんのテイスティングが見事でした
   キャンティークラシコ おいしかったです
Sdscf3930
   
  F3930
Sdscf3932
  F3932
Sdscf3937
  F3937
・シエナ名物 ピチ (うどんのようなスパゲティー)
Sdscf3969
 F3969
Sdscf3970
  F3970
ローマ 
 ・ピザの昼飯 でかい、厚い
Sdscf4133
 
  F4133
Sdscf4132
 
 F4132
・和食レストラン ハマセイ浜清で 寿司ランチ
 8日目となると やっぱり日本食が恋しい
 みそ汁、そば、小豆島のソーメンが食べたい
Sdscn6373
 
  N6373
Sdscn6374
 N6374
 ・スターホテルでツアー最後の会食 子牛のフィレ
Sdscf4144
 
   F4144
Sdscf4146
   F4146

   
各地で
・BAR(バル)でテイクアウトしたビールとサンドイッチ&ケバブ
 風呂上がりにビール、一番リラックスした食事ですね
 朝・昼しっかりした食事をとるので 夕食は軽くても十分です
・ホテルのアサ食事はバイキング、サラダバーは有るところ無いところあり
 バナナ、りんご、オレンジ、ヨーグルトは必ずありました
Sdscf3684
F3684
PS おいしいワイン
 トスカーナのブドウが生み出す赤ワインキャンティーがおいしい
 ・キャンティー
  Chianti Classico(キャンティ・クラシコ)ですが、
  これは古くからの畑で生産されたものにのみ使用が許されています。
  トレードマークとして黒鶏を使っていることでも有名です。
 ・プロセッコ
  プロセッコ(Prosecco)はイタリア・ヴェネト州で生産されるブドウ品種。
  またはこのブドウを主に使用した白発泡ワイン
  近くにヴェニスやフィレンツエがあるので日本酒の地酒並みの種類があるようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »